▲注目ワード“冠雪”と本日の控え

みなさま 、オハヨウゴザイマス。

あのですね、すっきり起床できました。

いつもネットなどでは「冠雪」や、それに関係することが注目されたりしているみたいです、、、

それでは、「冠雪」に関連する動画をご紹介しておきます。

【北海道の絶景】2013十勝岳温泉郷 【ジオラマ風動画】 初冠雪と共に紅葉ピーク  cannonXF-305 1080/24P

なるほどなるほど。

ちなみに・・・

【質問内容】

何ヶ所か初冠雪が発表されたらしいですね。 今年1番初冠雪が早かった場所は何処でしたか?

【ベストアンサーに選ばれた回答】

北海道の大雪山系の旭岳 富士山で初冠雪を観測したという発表は今年はまだない。 それと日本では例年富士山よりも北海道の大雪山系の初冠雪の方が早い場合が多く、日本で最も早い初冠雪を観測するのも北海道の大雪山系の旭岳がほとんど。 ちなみに冠雪とは対象となる山の山頂付近が降雪現象(雪やあられやみぞれなどが降る現象)によって山頂付近で積雪現象(降った雪やあられやみぞれが地表面で溶けて水にならずに残る現象)を観測した場合の事をいい、その状態や現象を山の麓(山麓)から見た場合に山頂付近が積もった雪によって冠を被っているように見える事から名付けられた。 また山岳部での初雪や初冠雪とは対象となる山の山頂付近の気温が年間を通じて最も高い気温を観測した後に最初の降雪現象を観測した場合が初雪であり、初冠雪とは山頂付近の気温が年間を通じて最も高い気温を観測した後の最初の冠雪を観測した場合の事をいう。 富士山の初冠雪が大雪山旭岳の初冠雪よりも遅くなる理由は夏の終わりから秋の中頃にかけてのいわゆる台風シーズン(日本付近に最も台風が接近したり上陸しやすいシーズン)の末期になると大陸から寒気を伴った冷たくて乾いた空気とオホーツク海からの寒気を伴った冷たく湿った空気がぶつかりながら北海道付近に流れ込んでくるのと本州付近に接近・上陸して通過した台風や台風から変わった温帯低気圧が北海道付近(北海道東部の太平洋もしくはオホーツク海)に接近する際にこの冷たい空気によって再発達する事が多く、その際に低気圧の中心に向かってこの冷たい空気が一気に流れ込んで一時的に北海道付近が西高東低の冬型の気圧配置になりやすくなるため大雪山系の旭岳の初冠雪が富士山の初冠雪よりも早くなる。実際に今年の場合は台風20号から変わった温帯低気圧が北海道東部付近で急速に発達して大陸からの寒気を伴った冷たく乾いた空気とオホーツク海からの寒気を伴った冷たく湿った空気が北海道付近でぶつかりながら低気圧に向かって流れ込んだ結果、大雪山系などの北海道の標高の高い山では雪が降ってもおかしくない気象状態となった為9月29日に初雪と初冠雪を観測した。

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

なんとなくですが、どうやらフルーツサラダとかについて気になっちゃうんですよね。

それじゃあ、きょうも精一杯生き抜きましょう。。。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>