□旬のワード”さばを読む 由来”と今日の書き付け

みなさん コンバンハです。

今日のわたしのフィーリングは可もなく不可もなくでした。

しきりに世間などや、その他でも「さばを読む 由来」にまつわる事が注目されているという話ですね…。

へ~。。。

ちなみに・・・

【質問内容】

さばを読むの語源は?

【ベストアンサーに選ばれた回答】

おおむね先行回答の通りでいいのですが、舌足らずの説明ですので、補足します。 「さばを読む「とは、都合のいいように、数や年齢をごまかすことで、 数字をごまかす意味として江戸時代から使われている語です。 語源は、サバは傷みやすく数も多かったため早口で数えられ、実際の数と合わないことから、いい加減に数を数えることを「鯖を読む」と言うようになり、現在の意味に転じた説が定説となっています。 その他、小魚を早口で数えることをいう「魚市読み(いさばよみ)」から転じたとする説もあります。 「サバ」の語源には数の多いことを意味する「さは」から転じたとする説もあることから、「サバ」も「さばを読む」も同源とする説があります。 <語源由来辞典より>

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

なんとなくですが、少し前から野菜ジュースとかについて気になるんですよね。

それじゃあまた次回。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>