▼検索上位キーワード《新海誠》ときょうの日誌

どうもー、コンバンハ。。。

本日の私のコンディションはなかなかでしたー。

割とネットでは「新海誠」の事とかについて話題にされているみたいですね。

それでは、「新海誠」に関連する動画をご紹介しておきます。

不科學影評丨《你的名字》這是最好的新海誠

そういうことですかー。

ちなみに・・・

【質問内容】

「失ったものは戻らない、だけど(だから)美しい」 といった喪失感 (過去の新海誠さんの作品に多いパターン) >「失ったものは戻らない、だけど(だから)美しい」 についてみなさんはどう思われますか? 人が成長していくということのなかには、自らの経験を積みながら、その経験した情報は失われて生きながらもそこで得たノウハウはしっかり記憶していて、意識はこれからぶつかるであろう目的にむかって進んでいく。例えていうならば記憶の箱には過去を記憶してありながら、それを引き出して使えなくなくなっている記憶が蓄積されている、取り出そうとしても決して取り出すことのできない記憶、ただその記憶の箱からはそこで得た教訓だとか経験そのものの無意識に整理された序列をもっている価値観など、いわば抽象的な概念としての記憶が将来の自分の財産となっていくのだ、みたいなものなのかもしれません。 これは童話や小説などによく用いられるしゅほうではあるのですが、読後感はなんとなくすがすがしく、こーらを飲みほした時のような爽快感に満たされる感覚としてあるものだと思います。 人というのはそんなふうに自分にとって良いものを残していく機能が備わっているんだなと感心します。 美しく楽しい記憶だけどもう忘れてもいい記憶、っていいですね。 その忘れっぽさは、自分にとって良くない記憶もどうように忘れさせてくれます。 心についた傷はいつか時間が過ぎればうすく消えてなくなっていくとよく言います。 時間は最善の良薬だとも。 喪失というのは決して悪いことばかりじゃないんですね。

【ベストアンサーに選ばれた回答】

もっと単純に〝「儚さ」の美学〟でもいいと思う。 日本人独特の概念であるらしい(?)だけに、その心境を言葉に起こそうとするのは面倒だから敢えてこの場では省くけど。

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

なんとなくですが、ちょっと前からスペアリブとかのことが注目しているところなんです。

それでは明日まで、さようなら。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>