▽旬のワード[℃-ute]と本日のおぼえがき

皆さん コンバンハです。

今日の私のフィーリングはぼちぼちでした。

割とブログで、「℃-ute」のこととかが話題になっているようですね。

それでは、「℃-ute」に関連する動画をご紹介しておきます。

℃-ute お化け屋敷へ!【生き人形の間】

そうかー。

ちなみに・・・

【質問内容】

自分は、今、80年代アイドル後半の、小川範子(おがわのりこ)、「谷本重美」、さんにメチャクチャハマっています!古い? 自分はアラサーでリアルタイムでは「はぐれ刑事純情派」の藤田まこと、の娘、役しか知りませんでした。 でも、雑誌で小役、アイドル時代の、小川範子さんを見て一瞬にしてハマりました!歌も歌っているなんて 知らない世代多いと思います!動画も見て更に興味が沸きました!自分は小役と言えば、安達祐実さん、 松本恵、志田未来、井上真央、芦田愛菜、位しか知りませんでしたが、更に先の時代に、小川範子さんがパイオニア みたいな小役、ジュニアアイドル、としてメディアに出ているとは知りませんでした!今風、の顔ですね。聖子ちゃんカットでもないし。動画→https://youtu.be/KlYeQ8vL100 福原遥(クッキングアイドルまいんちゃん)、℃-uteの中島早貴、に似ていると思います!、同世代、美少女では、後藤久美子、宮沢りえ、さんと、同じデビューらしいですね。ゴクミ、宮沢りえ、はアイドルとしてい印象に残っています。小川範子さんの「スタンドバイミー気まぐれ白書」ドラマを見て、井上真央主演のキッズヲーを彷彿と させる名演技の女の子だと思いました!今見ても感動します!過激でエッチな女の子役が上手いですね! ただ小役、子供、ロリコン、だけに捉えられるだけにはもったいない素材だと思います!会話もしっかりしてる、演技も上手い、今風の美少女 、歌も上手い、曲は残念ながらファン以外は良いと思いませんが、これだけ揃っているだけでも凄いです!成人しても顔もベビーフェイスで宮崎あおい、さん、に匹敵すると思います。歌はオマケで女優としてかなり評価しています!はぐれ刑事の役しか知らない自分は後悔しています!20代の頃、10代の頃の小川範子さんも十分、売れると思いますが何で消えたのでしょうか?劣化したからでしょうか?皆さんのご意見お聞かせ下さい!

【ベストアンサーに選ばれた回答】

あなたが何歳かどうでもいいのですが、 小川範子はロリコンとか少女子役大好き人間のアイドルとして 売れたわけじゃないんですが。 あなたはおかしな情報に操作され、何か勘違いしています。 過激でエッチなイメージなんか普通の人は抱いてません。 あと、キッズウォーの井上真央を彷彿させる、 という表現もおかしいです。 小川範子のほうがはるかに先ですから。 小川範子に注目が集まったのは、1986年で、 ある昼ドラの主人公のライバルの、その少女時代を演じた時です。 殺気漂う演技に、昼ドラを見ていた人は「誰あの子?」となったのです。 主人公でも何でもないのに、話題になったのです。 そこで昼ドラなんか普段は見ない人の間でも話題になっていき、 あっという間にCMや新聞などで注目されて、 すぐ「スタンド・バイ・ミー気まぐれ白書」に起用されました。 wikiは誰が書いたか知らんがかなりブレイク前のことが盛られています。 彼女が子供の頃にその手の写真集みたいなのに出ていたとか そんな要らない情報は、あとから出てきたものです。 ブレイクした時はそんな事は知られていませんでした。 むしろ、隠したい情報だったのを、掘ってしまったマスコミが最低。 単なる「舞台子役で芸を積んだ」でよかったのに。 15歳かそこらの子を落として楽しいのかね、マスコミは。 小川範子の演技はいつも迫真ものなので、 「スタンド・バイ・ミー」では志保美悦子たちも容赦なく 彼女と戦って、ぶっ飛ばしました。 初回からして視聴者は「何かスゲーなこのドラマ」となりました。 ここまで我を忘れて癇癪起こす演技ができる子は他にいなかった。 それも13~14歳とかで。 当然「天才少女、急にあらわる」となりました。 そのぶん、ちょっと大人びて見えた大人たちもいたと思いますが。 子供らしさがないというか。 が、そんな事を言う大人のほうがつまらない。 あれくらい演技ができる子がいないと、大根ばかりになってしまう。 でも「金八先生スペシャル」だけは黒歴史だと思う。 あの辺から金八シリーズはとにかく視聴率アップの為なら 何でもありで、もう1回「15歳の母」をやっちゃおう!という 短絡的なドラマ制作会議が想像できる。 杉田かおるの話とは全然違う、愛のない15歳の母になってどうする?! と思うじゃん。 あれは引き受ける仕事ではなかったと思います。 私がマネージャーなら、絶対にお断りするドラマ内容。 しかし小川範子の事務所は弱小だったので、とりあえず何でもあり、 と、引き受けていたのかもしれない、本人の意思は無視して。 結局そのあと、また昼ドラに出たけど、今度は普通の女の子の役で 親が死んでゴタゴタして複雑だけど、 夏の間にちょっと恋してみました、という内容だった。 道で出会った南渕一輝が、いつも仮のBFのように助けてくれる。 そーいえばどこ行った、南渕一輝は? まぁ普通の夏休み向けドラマだし、それなりに面白みはありつつも、 小川範子のすごみを全く活かさないので、退屈だった。 歌に関しては、アイドル的女優でもあの当時は必ずシングルを出してて 今やフジの「とくダネ」には欠かせない中江有里だって 「飛鳥さん、ありがとう」というキャッチコピーで、 チャゲアスの飛鳥に曲を書いてもらってデビューしたし、 川越美和だって誰だって女優はみんな歌でもデビューした。 その中では、小川範子はなかなかうまい方だったと思います。 声質的には小川範子と観月ありさの歌声は似ている。 小川範子はシングルでもすっかり「影のある少女」風のジャケ写で、 しかもせっかく歌番組にランクインしても、 もう歌番組も終焉を迎えていたころで、残念無念。 小川範子の歌声は嫌いじゃなかったです。 明るい曲も出してたけど、評価は分かれそう。 でもワタシは小川範子は好きなので、何でもいいです。 そういや私は1~2回、小川範子に会ったことがあります。 まだ彼女が早稲田の一芸一能入試で社会科学部に入る前だから 90年代頭か。 めちゃくちゃ可愛かった。 この世の中に、こんなに可愛い子がいるの?!ってくらいに可愛かった。 1000人に一人とか、そんなレベルじゃないんですけど~! ってくらいに可愛かった。 でも、やっぱりほとんど会話をしない、仏頂面な子でした。 たぶん、女社長の元で、やりたくない仕事を入れられて ストレスたまりまくっていたころではなかろうか、と勝手に推測。 ちょうど、少女時代にこんな雑誌に出て…とかいうのが 騒がれた後だったので、すっかり人間不信に見えた。 スタッフが明るく話しかけても、愛想笑いもしないのです。 何だか可哀想な気がしました。 あれだけ可愛く生まれて、才能にも恵まれて、 なのに裏では生き生きしていない表情。 「はぐれ刑事」もどうしていきなり小川範子?!と驚いた。 ああいうのに出るのはもう少し無名でB級以下の人じゃないの? と思ったなぁ。役柄的にも。もったいない。 まぁそんななので、大学卒業の頃から一人芝居に挑戦し始めて ようやく大人の役者としてまたあの才能を見せつけてくれるかも!! ・・・と期待していたら、吉田プロデューサーと結婚するなんて。 結局「スタンド・バイ・ミー」ですか、そーですか、と思った。 結婚したら絶対もう表舞台に出てこない、ってわかってた。 そういう性格だもん。 かなり残念です。 もっともっと難しい役どころに使って、 唯一無二の女優に育てなきゃいけなかった人だと思います。 まぁ、まだこの先わからないですけどね。 私なら口説き落としてでも何か社会現象にまでなるような 難しいドラマに起用しますね。 いま流行りのくだらない恋愛ドラマとかじゃなくて。

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

なんとなくですが、ちょっと前から肉詰めピーマンとかについて注目してしまいます。

ではまたこんど、、、

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>