▲トレンドキーワード「為替」と今日の備忘録

みなさん こんばんはです。

本日の私の精神状態は上々でした・・・。

頻繁にブログでは「為替」や、それにまつわる事が話題にされているということらしいです。

それでは、「為替」に関連する動画をご紹介しておきます。

やっぱりなぁ。

ちなみに・・・

【質問内容】

叔母が亡くなり遺言公正証書で指定され遺言執行者をしています。 (叔母には子供がおらず、配偶者も親も亡くなっています) 相続者は叔母の兄弟のうち一名と私と私の弟の計三名です。 ある 銀行の貸金庫の解約処理において、遺言公正証書が存在しなかった場合の法定相続人すべての戸籍謄本と委任状を求められました。法律上は遺言公正証書に記載された三名が相続人であり法定相続人は関係ないはずと言っても銀行内のルールだからというばかり。納得できないので抵抗し続けたところ委任状は不要になり、但し、亡くなった叔母の出生から死亡までの戸籍を集めるように言われました。 (叔母の戸籍を集めれば法定相続人の情報も得られるからだと思います) もう早く処理を終わらせたいので戸籍を集めましたが、定額小為替や郵送代など二千円強もかかってしまいました。 長文ですみません。 銀行内のルールだからという理由でこちらがコストを負担してこのような対応をするのは当たり前なのでしょうか? また本来は必要のないはずの個人情報を収集することは法律上問題ないのでしょうか? 法律や相続に詳しい方がおられましたらご回答下さい。 よろしくお願いします。

【ベストアンサーに選ばれた回答】

これは必要なんですよ。 なぜかというと、あなた方は第三順位の相続人なんで、万一第一順位の相続人である子がいたら、貸金庫の解約権限はないことになります。 叔母上の遺言書に書かれていた財産の帰属先は、叔母上の意思を尊重するためにそのまま執行していいんですけどね。だからってすべての権限まで財産の帰属先に行くわけじゃないんです。 それと、遺言執行者としては、遺言と財産目録の相続人あての開示義務があるので、本来あなたの責任として相続人を確定する必要があったんです。たまさか今回は他に相続人がいなかっただけのことなんですよ。誤解なきように。

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

なにやら最近になってからなんですが、イカフライとかのことが注目しているところなんです。

それでは明日まで、さようなら。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>